便秘でお悩みの方、便秘解消に何をしていますか?

便秘を予防する方法もたくさんありますが、日常生活の中で簡単に無理なく続けられるのが便秘茶です。
普通にお茶を楽しむ感覚で飲んで、便秘も改善されるのでうれしいですよね。

 

このサイトでは、多くの方に飲まれている便秘茶と、便秘を解消する方法を紹介しています。

 

便秘に効くお茶の紹介

便秘茶を選ぶ重要ポイント!

  • 体に優しい有効性分がしっかり含まれていること。
  • 美味しく飲めて、継続して飲み続けられること。
  • 全額返金保証があること。飲んでみないと体質に合うか分かりません。

厳選!おすすめ便秘茶 ベスト4

 

おすすめポイント
毎日飲むものなので、「紅茶として楽しめる味」を追求しています。

 

  • 何百種類ある天然ハーブから12種類の厳選した素材を配合しています。
  • ゴボウ根(ぎっしりと食物繊維が詰まっています)
  • ルイボス(長い根で吸収した豊富なミネラルを持っています)
  • 生姜(快適でポカポカにしてくれます)

【その他】
ローズヒップ・黒大豆・キャンドルブッシュ・バラ花・ハトムギ・ハイビスカス・柿葉・マクイベリー・ハニーブッシュ

 

 

 

 

おすすめポイント

  • 22種の天然ハーブを使用。自然素材にこだわっています
  • 1日99円の続けやすい料金です
  • おいしくてもカロリーゼロで作っています
  • 女性スタッフが自分のからだの悩みと向き合い生まれた自然健康ハーブティーです

 

 

 

 

おすすめポイント

  • 発売から10年。300万箱の売上突破
  • 初回は、完全後払い+10日間の返金保証付き
  • 発売以来1万通を越える喜びの声が届いています

 

 

 

 

 

 

おすすめポイント

  • 完全無添加、無着色、下剤成分ゼロ、ノンカフェインになっています
  • 創業70余年の九州老舗のお茶屋が妊婦さん向けの便秘解消の専用商品
  • 安心安全の徹底(下剤成分ゼロ、ノンカフィイン)

 

@便秘になる原因

 

便秘に悩む人はとても多く、お腹が痛い、排便に時間がかかるなど、つらい思いをしていますよね。

 

排便が3日ないと一般的には、便秘だと言われていますが、個人差があるので、数日に1回の排便しかないとしても、それが定期的で、腹痛などがなければ、便秘とは言えない場合もあります。

 

つまり便秘とは、排便の回数、量、残便感、腹痛があるかなど症状と合わせて考える必要があります。
しかし便秘になるには原因があり、対処していかなければ解消されることもありません。

 

その大きな原因のひとつに、食生活の乱れがあります。
不規則な生活を続けていると、栄養バランスも乱れがちになり、つい好きなものばかり食べてしまうなど、偏った食生活を送ってしまうこともあります。

 

ダイエットも便秘になる原因で、食事量が減る、朝食を抜くなど回数を減らしてしまうことで、栄養バランスが崩れるばかりか、小食になることで腸が働かなくなり、消化する力が落ちるため、便秘になりやすくなります。
このことからバランスのとれた食事を心掛けることで、腸の活動が活発になり、排便が促され便秘解消につながる可能性があります。

 

血行不良や筋力の低下を招いてしまう運動不足も、便秘になる原因のひとつです。筋力がないと腸のぜんどう運動(便を腸から体外へと押し出す動き)が弱くなるため、便秘になりやすくなるのです。

 

なかなか忙しく時間をとって運動する時間がない場合でも、エスカレーターを使わず階段を使用するなど、日常の中で少しずつでも、体を動かすことを意識してみると良いですよ。

 

水分を摂る量が足りないことも便秘になる原因のひとつで、体内が水分不足になってしまうと、体に必要な水分量を溜めておこうと便からも水分を、吸収しようとしてしまうので、便が固くなってしまい、徐々に排便しにくくなって便秘になってしまうのです。

 

便秘の解消には朝の活動にポイントがあります。

 

起きてすぐに水分を摂り、朝食を毎日きちんと摂ることで、排便を促すような刺激が腸に加わるので、便秘を解消することができる可能性があります。
精神的なストレスを感じると、自律神経が乱れてしまうことで、胃腸の働きも弱ってしまうので、便秘の原因となることもあります。

 

また便秘と下痢を繰り返すことが特徴の、痙攣性(けいれんせい)便秘と呼ばれる便秘もあります。
これは大腸が過敏になり過ぎることで、腸から押し出す力が強すぎてしまい、腸が痙攣を起こしたような状態になるからです。

 

そしていつもとは違う痛みや、血便がある場合は、病気である可能性もあるので、自分で判断せず、かかりつけの病院にかかるなど専門家に相談してみましょう。

 

外出先で便意があるのに我慢をしてしまうことはありませんか。
これを繰り返してしまうと、便意に鈍感になってしまう恐れもあり、便が段々固くなってしまうので、便秘につながることもあります。

 

便秘になる原因を理解することで、改善の方法が見つかる場合があります。

 

A便秘の症状

 

便秘にもさまざまな症状があり、毎日排便があったとしても、便秘である可能性もあります。
そもそも理想的な便とは、黄土色のバナナのような形のものであると、一般的には言われています。

 

色、形、臭いと水分を含んだ固さの4つの条件が揃ったときに、理想的な排便ができていると言えます。
自然に便意がきて、出したあとにスッキリした状態であることも大切で、残っている感覚がある場合は、便秘の可能性もあるのです。

 

では便秘の症状にはどんなものがあるのでしょうか。
何日も排便がないことは、便秘の症状としては分かりやすいものですよね。
これも個人差はありますが、3日出ないと便秘であると一般的には言われています。

 

何日も排便がないと、段々お腹が張る、痛いなどの症状も出てきて、非常に辛くなってきますよね。
これは腸の働きが弱いため、便を送り出す力が低下することで、便が腸に溜まってしまい、固い便で栓をしてしまった状況になることで、お腹が張り、お腹の下側に痛みも感じるようになるのです。

 

また便意はあるのに、トイレに行っても中々出ない、力まないと出ないという症状も便秘の特徴です。
この場合も腸の働きの低下や便の大きさ、固さに問題があることから、それらを解消しないと、便秘の改善はできません。

 

ウサギのようなコロコロした便が何回も出るのも、実は便秘の症状のひとつで、理想的な便は水分を含んだ便でしたよね。
小さいコロコロした便は出しやすいですが、腸に便が残っているため、何回もトイレに行くことになり、残便感がある状態は便秘であると言えるのです。

 

この便秘の症状を解消するためには、規則正しい食生活、水分の補給を意識的に行うなど生活習慣を見直すことで、改善できる可能性もあります。

 

そして便秘だと思っていても、実は病気が潜んでいる場合もあるので、かかりつけの病院で相談してみる、定期健診を受けるなども考えてみましょう。

 

そして口臭や体臭がきつくなることも、便秘の症状のひとつに挙げられます。

 

何日も腸に便を溜めてしまうと、腸の中で食べたものが腐敗してくるので、その臭いが口臭や体臭として出てきます。この臭いは便秘を解消することで、原因がなくなることから口臭も改善されます。

 

これも便秘とは直接関係なさそうな症状ですが、中には頭痛や胃痛を感じる人もおり、これは便秘の辛さが、ストレスになることからあらわれるものです。

 

便秘は本人にとっては辛いものなので、我慢せず誰かに相談してみる、専門家の力を借りることもいい方法です。

 

B便秘と食事について

便秘に悩んでいる人は多く、お腹が痛くなったり、下腹にずっと不快感が続いたりと、つらい思いをしていますよね。
つらい便秘は食事を改善することで、便秘の解消の手助けができ、食物繊維を摂ることが大切です。

 

食物繊維には水溶性と不溶性の2種類あり、水溶性食物繊維は、海藻、寒天、こんにゃく、納豆やアボカドなどに多く含まれています。
そして文字通り水に溶ける食物繊維で、これらを食べることで、水分を吸収して腸内で維持する働きがあり、腸内環境を整える効果があるため便秘の解消に役立ちます。

 

もうひとつの不溶性食物繊維は、キノコ類、芋類、玄米、ゴボウや切り干し大根などに含まれています。
水に溶けない性質のため、水分を含んでふくらみ、便の量を増やすことで、蠕動運動(食べたものを腸から体外へ便を排出する動き)を促すことができます。

 

つまり食物繊維を意識して食べることで、水分を吸収することで便を柔らかくして、便の量を増やすことで、スムーズに排便しやすいようになるのです。

 

次に水分をあまりとらない人は、これが原因で便秘になっている可能性があるので、水分をこまめに摂ることをおすすめします。
体内の水分が不足していると、便からも吸収してしまうので、便が固くなり排便が苦しくなってしまいます。

 

水分補給をすることで、腸が刺激され、スムーズに便が腸を流れる環境を作ることができ、便が柔らかくなるので、排便が楽になります。
このとき水を一気に飲むと尿となって出てしまうので、あくまでもこまめに水分補給をしましょう。

 

朝起きたときに、コップ1杯の水を飲むことで、腸に刺激を与えて動くように合図を送ってくれるので、便秘解消にはおすすめの方法です。
やはり規則正しい食生活を送ることが、便秘の改善には必要で、毎日3食を同じ時間帯に食べることで、腸が動く仕組みを作ります。

 

中でも朝食を食べることが大切で、一日の始まりに食事を摂ると、腸に刺激を与えることができ、自然に便意を促すことができる可能性があります。

 

また適量の油分を摂ることで、腸の回りを油でコーティングしてくれるから、便がスルッと出しやすくなり、便秘の改善に役立ちます。
酸味や香辛料を摂ることも、腸に刺激を与える効果があるので、適量を料理に足すことで、便秘を解消する手助けをしてくれます。

 

腸内環境を整えるためには、善玉菌を増やすことが必要で、ヨーグルトや発酵食品に多く含まれる、乳酸菌を摂ることも大切です。

 

女性は元々筋力が弱いこともあり、ダイエットによって食べる量を減らしてしまうと、腸の動きが弱くなってしまい便秘になりやすくなってしまいます。

 

便秘を改善するためには、規則正しく食事を摂る、無理な食事制限は止めるなど、食生活を見直してみると期待できますよ。

 

C便秘解消に効果的な運動

運動不足からくる筋力の低下は、蠕動運動もうまくできなくなるため、便秘になる原因になります。だから便秘解消のためには、運動をして低下した筋力を取り戻す必要があります。

 

便秘解消に一番効果的な運動は、腹筋を鍛えることです。
腹筋を鍛えることで、腸の動きが活発になり、蠕動運動が自然に促されるようになるので、排便がスムーズに行えます。

 

基本的な腹筋運動のやり方は、仰向けになってヒザを立て、両手を頭の後ろで組み、腹筋に力を入れて、起き上がります。

 

15回〜20回くらいの腹筋運動を1日2セットくらい行うことで、徐々に筋力がついてきますが、これが厳しい場合は、無理に運動をして腰を痛めてしまっては意味がないので、出来るだけで構いません。
回数は少なくても、毎日継続することが、少しずつでも便秘の解消には効果があります。

 

基本の腹筋が厳しい場合は、仰向けになって、両手を頭の後ろで組み、お腹が見えるまで頭を上げるだけでも効果はありますよ。ポイントは腹筋を意識して力を入れることです。

 

テレビを見ながらでもできる方法もあり、ソファーに座って手を後ろにつき、両足を浮かして腹筋に力を入れます。
10秒経ったら足を下ろし、また足を上げて10秒数えて下ろす動きを、数回繰り返すことでも、腹筋を鍛えるには十分な運動です。

 

お腹へのマッサージも効果があり、おへその下から、「の」の字を描くように、お腹全体をゆっくり指の腹で圧力を加えることで、便が腸の中を移動するように、適度な刺激を与えます。

 

また気づいたときに腹式呼吸をすることで、腸が刺激され便意が起こりやすくなるので、効果的な呼吸法です。
腹式呼吸のやり方は、鼻で息を吸いながらお腹を膨らませ、口から息を吐きながらお腹をしっかりへこませます。

 

ストレッチで体をしっかり伸ばすことも、便秘の解消につながるので、おすすめです。ストレッチを行うことで、腸を刺激するのはもちろん、体を動かすことで、ストレス解消にもなり、自律神経を整える効果もあるので、是非取り入れてみましょう。

 

骨盤を回す運動は、足を肩幅に開いて立ち、両手を腰に当て肩を動かさずに、腰だけを動かすイメージで、時計回りと反時計回りに10回ずつ交互に回します。腸が動いているのを意識して回すことがポイントです。

 

股割りの運動は、両足を出来るだけ大きく広げて立ち、腰をゆっくりヒザより少し上まで落とします。
手を太ももに添えて、息を吐きながら、左肩を前に出しながら、10秒間体をひねります。
体を元に戻して反対側も同じようにひねりましょう。

 

便秘解消に効果的な運動は、腹筋やストレッチなどがあり、低下した筋力をつけることで、腸が動くようになり、自然に排便が促されます。
でも運動をするときに無理はせず、自分のできる範囲で頑張りましょうね。

 

D便秘と乳酸菌の関係について

便秘の解消には乳酸菌を摂るといいんです。
腸の中で乳糖などを分解して乳酸を作ることで、腸内を酸性に保ち、善玉菌を育てることで、悪玉菌が増えるのを抑制して、腸内環境を整える役割をしています。

 

便秘の解消には、この腸内を酸性に保つことが重要で、悪玉菌は酸性の環境では生きていけません。腸内環境を整えるためには、乳酸菌を積極的に摂ることで、腸を活性化する必要があります。

 

そして便秘に悩んでいる人は、芋類、豆類、ゴボウ、こんにゃくなどに含まれる食物繊維を摂ることで、改善が期待できます。
それは食物繊維が、腸内で水分を保ち、便の量を増やすことで、蠕動運動を促すことができるからです。

 

この食物繊維には、乳酸菌の増殖の助けをする働きがあり、善玉菌の働きが十分に発揮され、腸内環境を整えることができます。
乳酸菌を多く含む食品は、ヨーグルト、ナチュラルチーズや乳酸菌飲料、漬物、味噌やキムチ塩麹などの発酵食品などがあります。

 

しかし乳酸菌は便となり排出されてしまうため、毎日継続して摂ることが大切で、食べ物で摂り続けるのが大変なときは、サプリで補う方法もあります。

 

また善玉菌(ビフィズス菌)の栄養になるオリゴ糖を摂ることでも、善玉菌を増やし、腸を活性化することができます。
オリゴ糖自体がお腹の調子を整えるために効果があり、食品の中で多く含まれているのは納豆、ゴボウやリンゴ、バナナなどがあります。

 

つまり食物繊維、乳酸菌とオリゴ糖をバランス良く摂ることで、それぞれが助け合って効果を高めてくれます。
結果として腸内環境が整って、自然に排便が促されることで、便秘の解消に期待ができます。

 

しかし乳酸菌を摂って便秘が解消されるのは、筋力の低下などによる、蠕動運動が弱い場合です。

 

ストレスから自律神経の乱れが原因で起きる便秘を痙攣性便秘と言いますが、この場合は乱れた自律神経を整える必要があり、乳酸菌を摂っても効果はあまり期待できません。

 

でも全く効果がないという訳でもなく、腸内の健康には役立つので、ストレス解消などを心掛けながら乳酸菌も摂ってみましょう。

 

最後に自分に合うヨーグルトを見つけることも便秘を解消するために大切なことです。
スーパーやコンビニで売られているヨーグルトには、たくさんの種類があり、選ぶのに困ったことがありませんか。

 

乳酸菌にさまざまな種類があり、便秘に効果のあるものや、免疫力の向上、花粉症の改善に役立つものなどがあります。
便秘にはブルガリア菌・ヤクルト菌シロタ株・クレモリスFC株・ラブレ菌などの乳酸菌を選ぶと効果があるので、一度お店で探してみると良いですよ。

 

便秘と乳酸菌には、腸内環境を整えることで、腸の蠕動運動を促し、スムーズに排便できるような関係がありました。
それには食物繊維なども積極的に摂るなど、規則正しい食生活を送ることも必要ですよ。

 

E生理前の便秘について

生理前になると便秘になって苦しいという人もいるのですが、何故便秘になってしまうのか知っていますか。
できることなら苦しい便秘にはなりたくないので、原因と解消方法を理解しておけば、改善が期待できますよ。

 

まず女性の生理には、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の、ふたつの女性ホルモンが関わっています。

 

2つのうち黄体ホルモンは、妊娠に備える機能をもっており、排卵後から生理前の分泌の増える間は子宮を収縮させることで、流産を防ぐことができます。

 

この黄体ホルモンの影響を受けることで、消化器官の動きが悪くなるため、腸内の水分が吸収され、蠕動運動も弱くなるために、生理前には便秘になりやすい状況になります。

 

そしてホルモンバラスが崩れることから、自律神経も乱れてしまいことでも、腸の蠕動運動が弱くなることで、便秘になりやすくなるのです。

 

生理前は憂鬱な気分になることも多く、体を動かすことが、億劫になりませんか。こんな運動不足の状態も、便秘の原因になります。

 

それでは、生理前の便秘を解消するには、どうすればいいのでしょうか。
まずは、水分をしっかり摂るようにして、腸内の水分量を増やしましょう。
いつも水分補給は必要ですが生理前は、意識して水分をこまめにとることで、便が固くなるのを防ぐ効果があります。

 

生理前のだるいときでも、体を適度に動かすことで、便秘の解消につながるので、気分転換を兼ねて軽いストレッチをして腹筋を動かし腸に刺激を与える、ウォーキングをして全身を動かし排便を促すなど、無理をしない程度に動きましょう。

 

お腹をマッサージすることも、解消には効果が見込める方法です。
仰向けになって両手を重ねて手のひらで、大腸の流れに沿って力に強弱をつけて、ゆっくりマッサージします。

 

始めに強めに終わりになるころに弱くマッサージすることで、便の流れを促すようにすることで、自然に便意がくるようになります。
これは直接便秘解消に関係ないと思われがちですが、毎日同じ時間にトイレに行く習慣をつけることでも、改善につながります。

 

朝起きたときに、コップ1杯の水を飲むことで、腸に刺激を与えて排便を促し、便意が自然にくるようにすると、トイレに行く時間が規則正しくなってくることもあります。

 

出なくてもトイレに行くことで、徐々に排便が促されてくるので、しばらく続けてみてください。

 

便秘だからと言っても、大変なことになってからでは遅いので、何をしても改善されないときは、かかりつけの病院で相談することも考えてみましょう。

 

生理前の便秘は、ホルモンバランスの影響なので、規則正しい食生活やしっかり睡眠をとるなどして、ストレスを溜めることがないように、上手に付き合っていく必要があります。

 

水分補給や軽いストレッチなどを取り入れて、乗り切っていきましょう。

 

F妊婦の便秘について

妊娠をすると便秘になりやすく、辛い思いをしている人が多いのですが、何故便秘になってしまうのでしょうか。
それは妊娠をしたことで、体の中ではホルモンバラスが変化して、黄体ホルモン(プロゲステロン)が増加します。

 

黄体ホルモンは妊娠した体の維持するために必要なものですが、他の栄養も吸収してしまうため、他の器官の代謝は悪くなります。
食事をしても栄養を取り込むために、胃や腸の動きを弱めて蠕動運動も鈍くなるため便秘になるのです。

 

そして妊娠中は心身ともに変化に敏感になり、ストレスを感じやすくなります。ストレスを感じることで、自律神経が乱れるので、腸の動きも弱くなってしまい便秘になりやすい状況になるのです。

 

妊娠初期は特に、つわりが苦しい時期でもあり、食欲がなくなる、食べられるものが限られるなどから食事量が減ってしまいます。
食事量が減ることで、腸の働きが弱くなり、溜まってしまった便が固くなって、排便しづらくなることから、便秘になるのです。

 

妊娠初期は運動ができない時期であり、妊娠後期になると、お腹が大きくなるために、いずれにしても運動量が減ってしまうため、常に運動不足の状態ですよ。運動不足も腸の働きを弱めてしまうため、便秘になりやすくなるのです。

 

では妊娠中の便秘はどのように解消していくのでしょうか。
まずはしっかり水分と食物繊維を摂ることです。
食物繊維を摂ることで、便に水分が加わり、膨らませる効果があるので、腸を刺激して蠕動運動を促すことができます。
豆類、こんにゃく、海藻、大麦やゴボウなどに、食物繊維は多く含まれています。

 

そしてこまめな水分補給はとても大切で、便を柔らかくして排便しやすくしてくれます。
朝起きたときにコップ1杯の水を飲むことで、腸を刺激して動きを良くするので、スムーズな排便が期待できます。

 

でもつわりなどで、きちんと摂れない日もあるかもしれません。
そんなときは、カフェインレスのハーブティー、ほうじ茶や、白湯など、自分で摂りやすいものを、できるだけ摂るようにしてみましょう。

 

ヨーグルトや発酵食品に多く含まれる乳酸菌は、腸の善玉菌を増やすことで、腸内環境を整えてくれることで、便がスムーズに腸内を通過しやすくなります。
オリーブオイルを摂ることも、腸の壁に油で膜を作ってくれるので、排便がしやすくなります。適量の油は、便秘の解消につながるので、是非取り入れてみましょう。

 

そして直接便秘に関係なさそうですが、姿勢を良くしてみることも、解消に役立ちます。お腹が大きくなるにつれて、姿勢は悪くなってきて、骨盤が歪んでくるので、内臓の位置がずれてくることもあります。
歩くときや座っているときに、無理をしない程度に、意識して姿勢を良くしてみましょう。

 

さまざまな方法を試しても、便秘が解消できないときは、辛さを我慢せず産婦人科で、相談してみましょう。
妊娠初期はホルモンバランスの変化から、体調が優れない日も多く、ストレスを感じることが多くなりがちです。
自分の体調に合わせて無理をせず、今日できることをしていきましょう。